オリーブオイルを楽しみ尽くせる「江田島オリーブファクトリー」

広島県の瀬戸内海に浮かぶ「江田島」。

中国地方の中で3番目に大きな面積を誇っている島でもあり、島の外周にはサイクリングロードが整備されていることから、サイクリストの穴場スポットとしても知られています。

そんな江田島の名産品の1つが「オリーブ」です。

瀬戸内海の温暖な気候を活かし、江田島の市民・企業・行政が一体となってオリーブによる地域振興を目指しています。

今回は江田島名産品のオリーブで作られた「オリーブオイル」が味わい尽くせる施設「江田島オリーブファクトリー」を紹介します。

「江田島オリーブファクトリー」とは?

「江田島オリーブファクトリー」は、江田島市大柿町にあるオリーブの6次化複合施設です。

1つの施設に下記の1〜3次産業それぞれの機能が備わっており、江田島名産のオリーブ「安芸の島の実」をPRするための施設となっています。

具体的には、施設内でオリーブの栽培や収穫(第1次)を行い、加工(第2次)も自社の加工場によって行われます。

さらに、作られたオリーブオイルは施設内のレストランやショップで販売(第3次)されます。

このように生産から販売までを一手に担うことで、名産品を使った地域振興や食文化の発疹を目指しています。

レストランではオリーブオイルの楽しみ方を提案!

施設内のレストランでは、パスタやピッツァといったイタリアンのメニューを中心に提供しています。

今回私が頼んだのは「新鮮野菜と生ハムのサラダピッツァ」(1,300円/税別)です。

ピザ生地の上にレタスやトマト、生ハムといった乗せられたピッツァで、普通のものとは異なり、チーズやトマトソースなどは使われていません。

6種類のオリーブオイルが自由に味わえるスタイル

「江田島オリーブファクトリー」のレストランで印象的だったのが、料理と一緒に6種類のオリーブオイルがテーブルに運ばれてくることです。

右から順に、下記のように並んでいます。

  • 「安芸の島の実 江田島搾り」:広島産オリーブ100%使用
  • 「安芸の島の実 ペペロンオイル(激辛)」:広島産の唐辛子「キャロライナリーバー」を使用
  • 「安芸の島の実 ペペロンオイル」:広島県産唐辛子を使用
  • 「安芸の島の実 ハッサクオイル」:広島県呉市産のハッサクを使用
  • 「安芸の島の実 レモンオイル」:広島産レモンのを使用
  • 「安芸の島の実 ヴィクトリアブレンド」:オーストラリア産オリーブオイルとのブレンド
  • 「安芸の島の実 トスカーナブレンド」:イタリア産オリーブオイルとのブレンド

それぞれ味わいや香りが全く異なるオリーブオイルなのですが、なんとこの6つを自由に使っていいそうです。

使い方としては、ピザにかけて楽しむのですが、それぞれ個性が異なるので非常に面白いです。

オリーブオイルは調味料

イタリアンなどではオリーブオイルを調味料として使うことがあるそうですが、その意味がこのお店で理解できました。

ピザに躊躇なくオリーブオイルをかけて食べると、口に入れた瞬間に豊かな風味が広がっていきます。

しかも、ピリッとした辛味があるものや、柑橘系の爽やかな香りがあるものなど、種類が豊富なので、いろいろなオリーブオイルを試すのがおすすめです。

ここまでオリーブオイルを贅沢に使えるお店は中々ないと思います。

これも生産から販売までを1つの施設でになっているからこそできるサービスなのかもしれません。

江田島にお越しの際は、「江田島オリーブファクトリー」でオリーブオイルの魅力を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

江田島・呉エリアの名産品ショップもお土産におすすめ!

「江田島オリーブファクトリー」には、同施設で製造しているオリーブオイルや江田島・呉エリアの名産品が購入できるショップも展開されています。

安芸の島の実を使ったオリーブオイルやコスメ、雑貨なども揃っており、オリーブオイルのテイスティングもできるのでおすすめです。

レストランで気に入ったオリーブオイルを見つけたら、ショップでお土産を買っていきましょう!

「江田島オリーブファクトリー」の概要

住所 広島県江田島市大柿町大君862-3
電話 0823-57-5656
営業時間 11:00~18:00
日曜営業
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休み)
食べログUR https://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340405/34022504/