頭上注意!観光船のりばに長さ3mの巨大タコ出現!?【倉敷市児島】

日本のジーンズ発祥地として知られる倉敷市児島ですが、瀬戸大橋のたもと、下津井沖で水揚げされる「下津井ダコ」も忘れてはいけません。
そこで今日は、見るだけでも楽しい巨大なタコのオブジェを紹介します!

まるで海の中?待合所に漂う不思議な空気

JR児島駅の南に位置する児島観光港は、瀬戸内の多島美を満喫するクルージングと、四国の丸亀市本島を結ぶ定期船が発着しています。

今日のお目当ては、船ではなく待合所の天井を這う「タコ」。
正面の広い駐車場に車を止めて入ってみましょう!

 

出た〜!!
見よ、このリアルな色、足の動き、吸盤!
ちびっこが泣いてしまうレベルです!

発泡スチロール製のオブジェは高さ約1メートル、直径約3メートル、重さ約15キロ。観光港の名物にしようと「吉備の児島陸続き400年・瀬戸大橋開通30周年記念事業実行委員会」が企画し、岡山県玉野市在住のアーティストが2019年の春、完成させました。

かなりシュールな構図・・・

「頭上 大ダコのオブジェです」←気が付かない人へ向けたメッセージが優しすぎるっww

 

ちょっと寄り道「ジーンズストリート」

児島に来たからには、観光港から車で5分ほどの「児島ジーンズストリート」へ。地元ジーンズメーカーのショップが連なり、新しい観光スポットとして県外からもマニアが訪れています。

2020年春、テレビ番組「旅猿」でも紹介され一躍全国区になりました。ショップの人も「岡村さんと東野さんとよゐこの浜口さんはこれを買いましたよ」と言って2万8000円のジーンズを熱心に勧めてくれました。

千鳥のノブが言うところの「おおふとカチカチジーンズ」は、こだわり抜いた逸品のためお値段少々お高めですが、ショップによって個性もいろいろなので、お気に入りを1本を見つけてください。

トイレだって映えスポット。かわいい女子に大人気

そんなジーンズストリートの近くには「nanahuku」というタコ料理専門のテイクアウト店がありました。

巨大なタコのオブジェを見た後にぜひ。

タコの唐揚げ 380円

 

児島観光港の概要

住所 岡山県倉敷市児島駅前3-23
電話 086-473-6777(瀬戸大橋観光船協会)
アクセス JR児島駅より徒歩5分
瀬戸中央自動車道児島ICより約5分
定休日 12/1〜3/19の平日
駐車場 80台(無料)
出港時間・料金
公式HP 瀬戸大橋周遊観光船