枚方市楠葉にある、親子ふたりで営むカフェ「まめのき珈琲」

「まめのき珈琲」の店内
隊長
緊急事態宣言が解除されたため、小ネタ隊も本日より始動します。よろしく!
隊員
いきなりですか!で、どこ行くんです?
隊長
く・ず・は

枚方市楠葉は大阪府の東端に位置し、西の端にある小ネタ隊のアジトからはかろうじて府内移動で済みます。

隊員
しかし、なんでまた楠葉なんです?
隊長
そこにネタがあるからぢゃ

本日は大阪府枚方市楠葉にあるカフェ「まめのき珈琲」を紹介します。

「まめのき珈琲」は京阪樟葉駅から徒歩13分ほど。府道18号線に面しています

母と大学生の娘が2人で切り盛りするこだわりのカフェ


「まめのき珈琲」は、丸本親子が営む地域密着型のカフェです。オープンは2019年10月。
丸本さんがアルバイトをしていたカフェをオーナーから引き継ぐ形でリニューアルオープンしました。
当時、娘の小夏さんはカメラを片手にヨーロッパをバックパック中。9カ国目を訪問中に母親からヘルプの電話がかかってきます。

「カフェをしようと思うねんけど、小夏、手伝ってくれへん?」

小夏さんは現在、大阪の某かしこ〜い公立大学で栄養学を専攻する女子大生です。

隊員
あ、女子大生ね、なっとく
隊長
シャッラップ!

カメラ片手に世界を巡る


小夏さんは現在、大学4回生。1回生の夏休みに海外インターンシップで3週間のフィリピン留学を経験しました。

小夏さん
単なる観光旅行ではなく、さまざまな活動を体験することで海外旅行のイメージが変わりました

大学入学と同時にブームに乗っかりカメラ女子デビューを果たした小夏さんは、海外で現地の人々と触れ合い、異文化を写真に納めることに刺激を覚えます。「学生のうちにしかできないことを」と、3回生のときに1年間休学し、バックパッカーとしてヨーロッパ巡りすることを決意します。

小夏さん
行き先を決めていたのは、イタリアとフランスだけ。後は行き当たりばったりの旅です

2019年6月に日本を出発。イタリアではワイン農家で働きながら1ヵ月間滞在するなど、フランス、オーストリア、ハンガリー、イギリス、ポルトガル、フィンランド、デンマーク、トルコを歴訪。

そんなときに母からの帰国お願いの電話。母の右腕として今度はカフェ経営を手伝うことにしました。2019年9月のことです。

軌道に乗り始めた矢先のコロナ禍


好奇心旺盛でアクティブな小夏さんですから、ただのカフェで終わるわけはありません。
器にこだわり、豆にこだわり、地域交流にこだわります。
細長い店の奥にあるスペースを利用して、月1回のイベントを開催。パン教室や消しゴムはんこ、テーブルフォト教室などを次々と企画していきます。

それが新型コロナウィルス感染拡大の影響により、いきなりの緊急事態宣言発令。
ここまで順調に来たカフェ経営に暗雲が立ち上がり、イベントの中止も余儀なくされました。

「secret book & coffee(シークレットブック&コーヒー)」でhappyを届けたい

混乱が続くご時世、暗い気持ちで
おうち時間を過ごしている人たちに少しでもhappyを届けたい

こういった想いで私にできることを考えた結果、あるサービスを作りました。

緊急事態宣言の真っ只中の4月27日、小ネタ隊が所属するオンラインフォトサロン“しんやとよーへい”に、上記のような企画が持ち込まれました。企画の主は小夏さんです。
名付けて「secret book & coffee(シークレットブック&コーヒー)」。

4月7日に考案し、4月13日に販売開始。この時点ですでに9種類約100セットが販売されています。

隊長
さすがアクティブ女子!やることが早いね〜

「secret book & coffee」とは文庫本とドリップパック珈琲2つと、焼き菓子2種類がセットになったパッケージ商品です。

写真:小夏さん提供

本のタイトルは届くまで未定。ブックカバーや商品のパッケージデザインは、本からイメージした写真をプリントアウトし、小夏さん自らが手作りしています。送料込みで約2,000円で、さらに商品1つにつき100円を「新型コロナウイルス感染症危機対応基金」に募金するため、手間暇がかかるわりには利益率は高くはありません。

写真:小夏さん提供
小夏さん
まだ販売を始めて間もないですが、多くの方から「happyな気持ちになった」「待っているときもワクワクした」「なかなか会えない家族や恋人に贈った」という声をいただいて、私自身もめっちゃhappyな気分になれました
手作りパッケージを作成中
ブックカバーは書店店長のお父さん直伝

オンラインフォトサロンとのコラボ企画

小夏さん
このhappyな輪をもっと多くの人に広げたいなあと思って、一番に思いついたのが“しんやとよーへい”です

“しんやとよーへい”というのは、SNS時代の写真家、高橋伸哉氏と澤村洋兵氏が主宰するネット型のフォトサロンです。入会金0円、参加費1日当たり110円にして、そこらへんの写真専門学校以上の内容を提供しています。評判が評判を呼んで、今年3月20日に開講したばかりだというのに5月26日現在で会員数328名を誇る今もっともホットなネット型フォトサロンの一つです。

“よーへい”こと澤村洋兵氏は1985年京都生まれ。京都をベースに活動している写真家です。元バリスタというキャリアを活かし、カフェや街角の空気感、美しい風景などを独特の色味で表現した写真が特徴です。

小夏さん
よーへいさんがカフェの店長をしているとき、インスタのアカウントを見つけ、自分もこんな写真が撮りたいと思ったのが写真にのめり込んだきっかけです

いずれは写真にかかわる仕事をしたいとの想いから、憧れの存在である“よーへい”さん主宰のサロンへ入会。エネルギッシュな講師陣やメンバーたちの協力もあり、“しんやとよーへい”とのコラボ企画商品が生まれました。

コラボ企画商品のテーマは「食」。どんな小説が入っているかは届いてからのお楽しみです。
なお「まめのき珈琲」では、「secret book & coffee」のほかに、有機栽培の珈琲豆や焼菓子のネット販売も行っています。

ドリップパックのパッケージも消しゴムはんこで手作り
店名 まめのき珈琲
住所 大阪府枚方市楠葉朝日1-6-10

電話番号 072-855-1795
営業時間 10:00〜17:30
定休日 木曜日
HP https://www.instagram.com/mamenoki_coffee/