「しんやとよーへい」フォトウォークレポ。雨の万博記念公園

お天気は悪かったのですが、画像編集ソフト「ルミナー4」でポチしてみました。ちょっとわざとらしかったかな。

先日、人生初のフォトウォークに参加してきた小ネタ隊です。
カメラ片手のウォーキングだったら、雨の日も風の日も行っているのですが、こと団体行動というのは初めてです。
元来、協調性に欠けるタイプですから、誰も遊んでくれません(泣)

結論。

隊長
いや〜楽しかったな〜また行きたいな〜

というわけで今回は、人生初の団体フォトウォークを紹介しましょう。
ヘンコなそこのあなた。自分の殻に閉じこもっていないで、ご一緒にいかがですか?
毎日が楽しくなりますよ。

サロンメンバーたちが独自に開催

今回、小ネタ隊が参加したのは「しんやとよーへい」なるオンラインフォトサロンから派生したフォトウォークです。
オフィシャルなものではありませんが、「しんやとよーへい」自体が実にゆる〜いフォトサロンなので、サロンメンバーたちがあっちやこっちで独自にイベントを展開しています。
深夜のZOOM飲み会なんぞは、毎日どこかで開催しています。

「しんやとよーへい」の詳細については、下記の記事をご覧ください。

オンラインフォトサロン「しんやとよーへい」みんなで考えて作って成長するイマドキの写真教室

雨もまた楽し

残念ながらフォトウォーク当日は雨。
ぼっちなら雨の万博公園なんて絶対に行きたくありませんが、団体ならこれがまた遠足みたいで早朝の4時くらいに目が覚めてしまうのですね〜。
団体行動は苦手です、ワクワク感が強すぎて…

ま、当然、集合時間の30分前に着いてしまうのですが、果たして時間になっても誰も来ない。
再度、スマホを確認してみると集合時間が30分後ろ倒しになっていたようです。
というわけで1時間近くも駅やモノレールを撮っていたのでありました。合計100枚くらい。アホです。

いろいろな人間がいるから気づきが多い


平日、しかも雨というのに、参加者は総勢9人。美容師やらバリスタやら、ただいま失業中やら、職業いろいろなら、年齢もいろいろ。機材もコンテジからライカまでいろいろ。腕前もカメラ本を出版しているプロフェッショナルからほぼほぼオートな小ネタ隊までいろいろ。
つまり、たった9人なのに、実にバラエティに富んでいるわけです。

で、あることに気づきました。
人々の対象と小ネタ隊の対象が違うことに。

これは、なかなかの大発見でしたね。
同じ時間、同じ場所にいるのに、人によって興味の対象が違うのですね。
さらに他人の撮り方を観察できるので、「あ〜、こういう視点があるのか」ってな具合に、気づき気づきの連続でした。

だいたいポートレートも好きではないし、細かいことが苦手だから、サロンの本筋からは完全に逸脱している小ネタ隊です。しかし未だに在籍続けているのは「気づき」がすごい!
自分一人では気づかなかったことを、気づかせてくれるところが気に入っているのであります。

フォロサロンや写真教室は数多くあれど、メンバー中心のサロンは数少ないのではないでしょうか。

誰からお願いされたわけでもないのに、タダやのに、参加メンバーの一人が勝手に作った動画をお楽しみください。

隊長
ほんと、世の中にはいろんな人間がいるのですね。狭い業界にいてはもったいない!