広島県呉市名物「呉海自カレー」!艦船で食べられるカレーの味を再現したご当地メニュー!

海上自衛隊の基地がある街としても知られる広島県呉市。

明治時代に呉鎮守府が設置されてから、海軍の主要地として発展を続け、現在でも海上自衛隊と共に歴史を刻む土地です。
そんな呉市のご当地グルメとして知られるのが「呉海自カレー」。

行く前は「普通のカレーかな?」と思っていたのですが、結構面白いコンセプトで展開されている観光事業で、美味しさも抜群だったのでご紹介します。

「呉海自カレー」とは?

「海上自衛隊では毎週金曜日にカレーを食べる」という話を聞いたことがある人も多いと思います。
理由には諸説ありまるが「長い航海の中で、曜日感覚を忘れないため」というのが優良だそうです。

そうやって食べられてきたカレーは健康を一番に考える調理員たちのこだわりがたくさん詰まっています。

呉市内にある飲食店では、海上自衛隊・呉基地内で活動する艦船等で食べられているカレーを再現したメニューを提供しており、私たちも気軽に楽しめるようになっています。

艦船ごとのレシピを市内の飲食店で再現!

実はこの呉海自カレーには、決まったレシピがあるというわけではなく、艦船ごとに作り方が違うそうです。

なので、艦船ごとに「これがうちのカレーだ!」というのがあるらしく、呉市内の提携する飲食店では、艦船ごとの味を再現したメニューがそれぞれのお店で楽しめるようになっています。

例えば、「海軍さんの麦酒舘」では、潜水艦「はくりゅう」のレシピを再現したカレーが食べられます。


「海軍さんの麦酒舘:潜水艦「はくりゅう」カレー」
(URL:https://kure-kaijicurry.com/shop/shop12/

イメージ通りの海軍カレーといった感じですが、中には、ナンと一緒に食べるおしゃれなカレーを出すお店もあります。


「シーサイドカフェBEACON:さみだれカレー」
(URL:https://kure-kaijicurry.com/shop/shop02/

提供店舗は29店もあり、それぞれのお店が異なる艦船のレシピを再現しています。

呉海自カレーを食べてシールを集めると限定プレゼントがもらえる!


観光事業としての力の入れぶりを感じる「呉海自カレー」では、「シールラリー」という企画を開催しています。
提供店舗で呉海自カレーを食べてオリジナルロゴシールを集めると限定プレンゼントがもらえます。
全店舗達成すると海軍で出されるカレーに使われる「テッパン」がもらえます。

その他にも、シール20枚でマグカップ、10枚でエコバックなど限定プレゼントがもれなくもらえるので是非チャレンジしてみてください。

「呉海自カレー シールラリー」
https://kure-kaijicurry.com/sealrally/

掃海母艦「ぶんご」の味を再現した「三河屋珈琲」に行ってきた!

そんな呉海自カレーですが、今回私は提供店舗の1つ「三河屋珈琲」に行って参りました。
こちらのお店は呉駅から東側にある川を渡って、レンガ通り商店街を北に進んでいくとあるお店です。

こちらのお店では掃海母艦「ぶんご」で食べられているカレーを提供しており、サラダとドリンクがセットになって900円(税込)というリーズナブルな値段も魅力です。

牛すじとひき肉の旨味が詰まったトロトロカレー


三河屋珈琲で出されている「ぶんご特製 とろける牛すじとひき肉のカレー」(900円・税込)を注文しました。

雰囲気のあるステンレス皿に入っており、具の形がわからないほどトロトロになって美味そうです!
一口食べてみると牛すじとひき肉の旨味や玉ねぎのコクなども相まった複雑で独特な味わいを感じました。
スパイスカレーとはまた違いますし、かといって「昔ながら」とも違う美味しいカレーです。

「こんな美味しいものを毎週食べてるのか…」と隊員さんたちがうらやましくなるほど美味いカレーでしたし、そもそもこの店は喫茶店なのでセットで出てくる珈琲も苦味もカレーと絶妙にマッチします。
「海軍カレー」=「昔ながらの日本的なカレー」を想像していたのですが、いい意味で期待を裏切られた感じです。

今でももう1回食べたくなっていますし、今度行くときは別のお店にも行ってまた違う味わいのカレーを楽しんでみたくなりました。

「三河屋珈琲呉中央通店」の概要

住所 広島県呉市中通4-12-2
電話 0823-25-7007
アクセス 呉駅から徒歩15分
営業時間 8:30~19:30
定休日 水曜日(祝日の場合翌日)
正月
食べログURL https://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34011459/