2019年5月15日(水)「ホテル阪神アネックス大阪」開業


何か面白いネタはないかと、福島界隈をブラッチングしてみると、JR環状線に沿うようにごっついキレイな建物が出来ているではないですか。
いかにもってな感じの背広の人たちに聞いてみると、ホテルだそうな。
一週間後の開業に向けて、準備に追われているのだとか。

ホテル阪神の別館としてオープン


もともとここは駐車場のあった場所。JR大阪環状線「福島駅」徒歩すぐ、阪神電車「福島駅」徒歩約3分という抜群の立地ですが、決してキレイなところとは言えませんでした。
それを「福島5丁目・7丁目共同開発計画」として、阪神電気鉄道と西日本旅客鉄道株式会社が共同で再開発。新たに「ふくまる通り57」としてオープンするのだそう。ホテルは道を隔てた反対側にある「ホテル阪神大阪」の別館として、2019年5月15日(水)に開業。
名前は「ホテル阪神アネックス大阪」といいます。

ホテル横には、スーパーの「阪急オアシス」も同時オープン。「スーパーで食材を買って、ホテルで食う」というスタイルが定着しそうです。

コンセプトは「もうひとつの大阪“はなれ”へ」


せっかくですから、開業前の「ホテル阪神大阪アネックス」を覗いてみましょう。

ホテル阪神アネックス大阪のコンセプトは、「Feel Another Osaka ~もうひとつの大阪“はなれ”へ~」というもの。
メインターゲットは、中国・韓国等、東アジアからの旅行客だそうな。
館内のいたるところに日本の伝統的な色彩や文様、素材を用いて和の意匠をモダンに表現した、全室禁煙の宿泊主体型ホテルです。

気になるお値段は、ツイン・ダブルで23,960円(2名)。スーペリアダブル・スーペリアツイン・ユニバーサルツイン(2名)31,088円。トリプル(3名)46,632円。

ホテル阪神アネックス大阪
〒553-0003 大阪市福島区福島5丁目18番25号
JR大阪環状線「福島駅」徒歩すぐ・阪神電車「福島駅」から徒歩約3分