お風呂上がりのビールが最高の立地!大阪・福島の銭湯「延命湯」

一度は突撃したい「美人女将のおばんざい屋」。どちらに転んでもネタになること間違いなし!

大阪・福島といえば、近代的な高層ビルがあり〜の、今にもぶっ潰れそうな昭和な長屋があり〜のと、とても味わい深い場所です。
西梅田からすぐの場所にあるため、なかなかオサレな飲み屋さんが揃っています。
ちょっと前までは、オジさん族御用達の店がズラリと並んでいたのですが、雑誌「ミーツ」なんかで特集が組まれるうちに、どんどんOLさん達に寝食されてしまいました。

オサレな飲み屋街の真ん中にある銭湯

さて、JR環状線「福島駅」とJR東西線「新福島駅」の、ちょうど真ん中くらいに「延命湯」なる銭湯があります。
大阪府公衆浴場組合に加盟する銭湯ですから、お値段は440円。福島区に現存する数少ない銭湯(6湯)のひとつです。

パッと見は昭和感満載ですが、実はこの延命湯は、大阪建築コンクール渡辺節賞(1984年)、大阪建築コンクール大阪府知事賞(1991年)など数々の受賞歴がある著名な建築家・竹原義二氏の設計による銭湯なのです。

コンクリート打ちっぱなしのモダンな外観に、曲線を活かした内観。
決して広々とは言えませんが、オシャレです。
小さいながらもサウナ、水風呂も併設。営業は15時からで、定休日は火曜日。場所柄、風呂上がりの一杯は選り取り見取りです。

名前 延命湯
住所 大阪市福島区福島5−12−5
電話番号 06-6451-3744
営業時間 15:00~23:00
休業日 毎週火曜日
入浴料金 大人(中学生以上)440円、中人(小学生)150円、 小人(0歳から幼稚園児)60円

 

小ネタ隊「福島をゆく」

それでは、例によってカメラ散歩。本日は福島編です。

モノクロではなんだかわからないので、カラーでパシャリ。福島の電信柱は限りなくアートです。

なかなかの平べったさ。最近は強風ですから、パタッと倒れたりはしないのでしょうか。台風シーズンが心配です。

この路地は車が通らないからいいですよね。その代り自転車は多いぞ。左手の長屋の一角には「菱東」という老舗のうなぎ屋さんがあります。2階のクーラーは相当ボロかった記憶がありますが、新しくなったのでしょうか。

こちらは、フランス料理店「BRASSERIE AILES」(ブラッセリー エリス)。見た目に反して、敷居は低く、小ネタ隊でも気軽に入れるカジュアルなレストランです。

急ぐ救急車と、急ぐ営業マン。急ぎ感が出てないって?オートでそのままパシャっただけだからな。

で、本日の目的地。今日は眼科に緑内障の目薬をもらいに来たのでした。
それにしても、大阪のママちゃんは大胆やわ。ママチャリに「駐輪禁止」は無用。「ルールは私!」なんやろね。