大阪が誇る世界最大級の水族館「海遊館」。来場者数は沖縄美ら海水族館に次いで2位!


大阪が誇る世界最大級の水族館「海遊館」は、1990年のオープン以来、多くの人が訪れ、今では大阪を代表する観光名所の一つとなっています。

総合ユニコムの調査によると、海遊館の2017年度来場者数は263万人。これは全国第2位の来場者数を誇ります。

水族館来場者数ランキング2018
  • 沖縄美ら海水族館(沖縄県) 378万人
  • 海遊館(大阪府) 263万人
  • 名古屋港水族館(愛知県) 222万1822人
  • サンシャイン水族館(東京都) 197万人
  • アクアパーク品川(東京都) 174万4682人
    ※総合ユニコム調べ

 

建物全体が「太平洋」をイメージ


海遊館の魅力は、なんと言っても趣向を凝らしたいくつもの大型水槽にあります。
海遊館の建物全体が「太平洋」をイメージして作られており、8階からスロープを下りながら10の地域で生息するさまざまな生きものを見ることができます。

飼育されている生き物の数は620種。展示物は30,000点以上にのぼります。

一番の人気者であるジンベエザが悠々と泳ぐ巨大な「太平洋」水槽をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚の通り抜け・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」などのほか、12の水槽でクラゲを展示する「ふあふあクラゲ館」も人気です。

 

当日であれば何度でも入場可能


入場料は大人2,300円、小中学生1,200円、4歳以上600円と、京都水族館(大人2,050円)、須磨水族館(大人1,300円)と比べればやや高額ですが、当日であれば何度でも入館可能。
屋内施設な上に、昼と夜の魚の生態も比べることができるとあって、魚マニアにはたまらない施設となっています。

小ネタ隊的には「年間パスポート」がオススメです。
大人5,000円、小中学生2,000円、4歳以上1,000円は家族連れなら2回で元がとれてしまいます。

基本データ

住所 大阪市港区海岸通1-1-10
アクセス 地下鉄中央線「大阪港駅」より徒歩約5分
TEL 06-6576-5501
営業時間 10:00~20:00(入館は閉館の1時間前まで)
休日 不定休
料金 大人(16歳以上)2300円、小中学生1200円、4歳以上600円、シニア(60歳以上)2000円
<年間パスポート>大人(16歳以上)5000円、小中学生2000円、4歳以上1000円
公式ホームページ  https://www.kaiyukan.com/