BUFFALO外付けハードディスク4TBの使い心地はいかに?

ハードディスクを新調したので、使い心地のレポートをしてみたいと思います。
名付けて、「BUFFALO外付けハードディスク4TBの使い心地はいかに?」

ハードディスク3台目を増設

なんて、エラそうなタイトルをつけたものの、使い心地なんて全くわかりません。
現在、2台使用しているのですが、最近のデータは重く、すぐにパンパンになってしまいます。
せっせと作業を行っていると、いきなり「ハードディスクがいっぱいで保存できません」なんていうアラートを飛び出してくるものだから、慌ててAmazonでポチったのがこちらの「BUFFALO外付けハードディスク」です。

さまざまな種類がありますが、説明書きを読むのが苦手な小ネタ隊が選ぶのは、たいてい「Amazon限定品」というやつ。送料がコミコミですし、Amazonの倉庫にあるからスグに届きます。
しかも、包装が限りなくシンプル。ゴミが少ないのがたいへんヨロシ。

パッケージはたったこれだけ。Appleなんか頼んだ暁には、「どこまで凝っとるね〜ん」ってツッコミを入れたくなるくらいパッケージに趣向を凝らしていますが、Amazon限定品は発泡スチロールどころかビニールすらありません。外箱段ボールのみというシンプルさです。

シンプルだけど性能抜群

2TB〜8TBまで5種類ありますが、2TBであっても4TBであってもあまり値段は変わりません。
どちらも1万円でおつりが来ます。しかも年々サイズが小さい。

一番手前が、今回購入した4TBで、真ん中が2TB、そして一番奥のデッカいやつが1TBというのですから、世の中の進歩にはすさまじいものがあります。新しい方が、安くってコンパクトで性能がいいなんて、いったいどうなっているんでしょう。今回購入したBUFFALO外付けハードディスク4TBとマウスを並べてみた写真がこちらですが、いかにコンパクトかがおわかりいただけると思います。

マウス3つ分くらいしかありません。

で、使い心地なんですが、「別に〜〜〜」。なんの違和感もなく使用させていただいております。
小ネタ隊はどうも商品紹介は苦手のようです。