京都・百万遍の古民家カフェ「くらり食房」

大学近くという場所柄、ガッツリ系はたくさんあるのですが、女子好みのオシャレ系なお店が少ない京都・百万遍。
少々高齢化が進む小ネタ隊にとってはボリュームはいらんのです。肉はいらんのです。
薄味の野菜中心メニューがいいのです。

「のら酒房」の姉妹店。2店合わせて「のらりくらり」

というわけで飛び込んだのが、京大から銀閣寺へ向かう途中にある古民家風のカフェ。

百万遍にある「のら酒房」の姉妹店で、名前を「くらり食房」と言います。
店名に込められた「のらりくらり」とは裏腹に、女将さんが一人で忙しく働いています。
やや不安を覚えながら、誰もおらん2階へ。

時は7月半ば。女将さんが急遽クーラーをつけてくれたものの暑い!

店に置いてあったデッカい団扇で、涼を取りながら待つこと15分。女将さんが急な階段を何度も往復しながら持ってきてくれたのがこちらのランチです。

野菜たっぷりのおうちご飯

お昼は一種類しかないということで、メニューも見ずに飛び込んだけど、なかなかいいんじゃないでしょうか。
完全に好みです。小ネタ隊は牛は苦手なのですが、豚や鳥はOKなんですね。

「辛いのが苦手ではなかったらどうぞ」と出してくれたこちらの品。

ご飯にかけて食べると、超〜食が進みます。

ほどなく、オンボロのクーラーも効き出し、いい感じでランチをいただきます。後にも先にも2階にはだれ〜もおらんので、文字通り「のらりくらり」とした午後を過ごさせていただきました。これでジャスト1,000円はお得ではないでしょうか。

野菜たっぷりのおうちご飯は、まさに求めていたものでした。ごちそうさま。

関連ランキング:洋食・欧風料理(その他) | 元田中駅