東京生まれのシェアサイクル「ダイチャリ」使用法完全レポート


アジト近くのセブンイレブンにダイチャリが出来たので、さっそく登録してみました。
ダイチャリというのは、代わりのチャリンコ、いわゆるシェアサイクルです。
便利なことに、借りた場所に返さなくてもいいとのこと。つまり、家の近所で借りて、駅前のステーションに返却すればOKなのです。

15分60円。あまり乗らない人には安い!

値段は15分60円。しかもただのママチャリではありません。電動式だから超楽チン。

だいたいチャリンコなんて、乗ろうと思った時には、たいがい空気が抜けまくっているか、ホコリだらけ。最悪、パンクしているかサビサビだらけですから、たま〜に乗る分にはシェアサイクルの方がお得ではないでしょうか。

どこで返してもOK。ただしステーションがあれば

で、登録はしたものの、乗る機会がなくって、本日、ようやくトライしてみました。
目指すは、大人の社交場・十三です。アジト近くのコンビニでダイチャリを借りて、十三駅の近くで乗り捨てて、そのまま阪急電車に乗ろうというビックなプロジェクトです。
アジトから十三まではバスを利用しなければならない距離なので、計画によると160円も浮く計算です。

が、そうはうまく行かないのが世の常。

なんと十三駅近くにはダイチャリのステーションがないではあ〜りませんか。

ダイチャリはもともと関東の方から始まったシステムで、あちらではHELLO CYCLINGというらしいです。なんで大阪に来るとDAICARIになるのか、そのネーミングセンスに首を傾げたくなりますが、ステーションが少ないのは大問題です。

初めてのものは説明書を読もう

ダイチャリの使い方はいたって簡単なのですが、新しいものは好きなのに、メカにとことん弱い小ネタ隊。
予約はしたものの、どうやって解除したらいいのか、まったく分かりません。
ちゃんとネットを見れば、写真入りで書いてあるのですが、だいたい説明書は読まないタイプ。常に行き当たりばったりですから、スマホ片手にトホホです。

予約したときに、暗証番号が表示されてたみたい。
そんなもん知らんがな。

要はそれを入力するだけのことなんですが、「鍵はどこにあるんやろ」と自転車の回りを何度もグルグル。回りの人は自転車泥棒と思ったことでしょうね。

なんとか解除できたものの、次は乗り方がわかりません。
だいたい電動式なんて乗ったことがありません。


ハンドルの左にショボいスイッチのようなもの。


右に「3」って数字が書いてあります。「3」は変速レバーだと思われますが、ツノダのサイクリング自転車にあったようなレバーがありません。

最近の自転車の進化というのは素晴らしいですね。なんとグリップの根元を回せばいいのですから。

なんやかんやで、いじり倒して、そこいらグルッと回って1時間240円。ほんでもってアジトで説明書見てたら、返却手続をしないと、返却したことになっていないと知り、再び戻って15分追加。

新しいものにチャレンジするときは、説明書をよく読みましょう。
以上、ダイチャリのレポートでした。

詳細は下記ホームページを参照してください。
https://www.hellocycling.jp/