「昼間特割きっぷ」いよいよ販売終了。せっかくだから使い心地をチェック!


昨年、発売期間を1年間延長したJRの「昼間特割(ひるまとくわり)きっぷ」ですが、いよいよ2018年9月30日をもって販売を終了してしまうそうな。
面倒くさいことが大嫌いな小ネタ隊は、これまで電車に乗るときは何も考えずにICOCAでシャーッと改札をスルーしてきたのですが、終了となると話は別です。

さっそく試してみることにしました。

昼間特割きっぷってなに?

「昼間特割きっぷ」とは、JR西日本が発売している特別企画乗車券(トクトクきっぷ)で、10時から17時までの時間限定ですが、通常の4割近い料金で乗車できる大変お得なきっぷです。
もともと、阪急や阪神といった私鉄料金に対抗する措置として発売されました。

たとえば大阪〜京都間なら6枚で2,100円

「昼間特割きっぷ」はどこでも利用できるわけではなく、「大阪〜京都」や「大阪〜三宮」など、発売区間が限定されています。
料金は、たとえば、大阪〜京都間なら6枚で2,100円。
つまり1回あたり350円で大阪から京都まで行けちゃうわけです。
通常560円かかる区間ですから、なんと210円もお得。往復で420円もお得なわけです。

土日祝なら終日利用可能

「6枚セット売り」「使用期間は購入から3ヵ月」と、多少の制約はつきますが複数人で利用すればあっという間に消費できてしまいます。
またやや高いのですが、ディスカウントチケット屋さんに行けば1枚売りもしています。

しかも「昼間特割きっぷ」のすごいところは、「昼間特割」と名乗っているにもかかわらず、それはあくまでも平日のことで、土日祝日ならなんと全日利用可能という優れものなのです。

昼間特割きっぷはどこで買えるの?

まず小ネタ隊の根城である大阪駅前ビルを物色。
ここの地下1階にはディスカウトチケット屋さんが林立しており、10円でも安く購入したいオヤジたちがウロウロしています。

しかし、いずれも大阪〜京都間の「昼間特割きっぷ」は一律380円也。
30円も高いなんて、小ネタ隊のポリシーに反します。
1円でも安く買って自慢するというのが、真の大阪人というものでしょう。

したがってJR大阪駅の券売機で6枚セットを2,100円で購入しました。

1枚あたり350円です。6枚使い切れればディスカウントチケット屋より180円も安い!
通常はお金に無頓着ながら、こういうセコい金額には妙に必死になってしまう小ネタ隊なのであります。

ちなみに、2018年秋からはICOCAによる新たな近距離促進サービスが実施されるとか。
利用区間や回数に応じたポイント割引制度が導入される予定です。

JR大阪〜京都間の料金
・通常 560円
・昼間特割きっぷ 350円(6枚セット売り2,100円)
・昼間特割きっぷ 380円(ディスカウントチケットで購入、1枚売り)