1月31日、六甲山に鬼が出るぞ〜。六甲山スノーパークで「鬼の氷像」展

六甲山〈人工〉スキー場改め、六甲山スノーパークでは、2月3日(水)の節分を目前に、体高約2.5mの「鬼の氷像」の公開制作と展示を行います。「鬼の氷像」の公開制作は、2012年度の初開催から今年で4年目を迎え、同園の恒例行事となっています。

sub1

今年度は、2016年1月31日(日)の10時頃から雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」で制作が開始される予定です。氷柱から徐々に巨大な鬼が彫りだされていく様子は大変見応えがあります。12時頃に完成予定で、完成後は、鬼の氷像に雪玉を投げて楽しむことができ、一足早く節分気分を楽しむことができます。

【六甲山スノーパーク 営業概要】
[営業期間]2016年3月21日(月・休)まで無休
コンディション・イベント開催により営業を中止・内容を一部変更する場合があります
[営業時間]9:00~22:00(21:30受付終了)
<スキー>9:00~22:00
<スノーランド>9:00~17:00
<スノーボード>(平日)9:00~22:00  (休日)16:00~22:00
※休日…土曜・日曜・祝日
[入園料]大人…中学生以上  小人…3歳~小学生
◆デイタイムチケット(9:00~15:30) 大人 2,100円 / 小人 1,050円 ※リフト料金別
◆ナイターチケット(16:00~21:30) 大人 2,600円 / 小人 1,550円 ※乗り放題のリフト券付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。