広島名物・汁なし坦々麺の元祖「きさく」!容赦ない辛さ・痺れがやみつき!

広島名物のグルメといえば「お好み焼き」を思い浮かべる人も多いですが、「汁なし坦々麺」も忘れてはいけません。

唐辛子の「辛さ」に山椒の「痺れ」が加わった「油そば」のようなグルメで、一度食べたらやみつきになるでしょう。

そこで今回は広島名物・汁なし坦々麺の元祖といわれる「きさく」をご紹介します。

汁なし坦々麺とは

日本ではラーメンから派生した「坦々麺」がポピュラーですが、中国四川省では本来汁のない坦々麺が一般的で、それを日本風にアレンジしたものが「汁なし坦々麺」と呼ばれています。

日本では「広島式」と「東京式」の2タイプに分かれており、東京式が芝麻醤ベースのゴマの風味が強いのに対して、広島式はネギの風味と際立った辛さと痺れが特徴となっています。

中華料理における唐辛子的なヒリヒリとする辛さの「辣味」と山椒や花椒の痺れが持つ「麻味」がポイントで、辛い物好きにはたまらないグルメといえるでしょう。

広島式・汁なし坦々麺の元祖「きさく」

広島式の汁なし坦々麺の元祖といわれているのが「きさく」です。

2001年から創業しており、2010年頃から広島市内で起きた汁なし坦々麺ブームの中心となっている名店でもあります。

メニューは至ってシンプルで「汁なし坦々麺」のみ。

しかも、並が1杯540円!

麺類のお店としては以上なまでの安さでびっくりですね。

混ぜれば混ぜるほど旨くなる!

今回は「汁なし坦々麺(並):540円」に「温玉トッピング:70円(←これも安い!)」を加えて注文しました。

見た目はこんな感じ

広島の汁なし坦々麺の中でも、かなりシンプルな見栄えです。

30回ぐらい混ぜてから食べると美味しいそうです。

混ぜれば混ぜるほど食欲がそそられますね!

赦のない辛さと痺れがやみつき!

汁なし坦々麺の特徴は「辛さ」と「痺れ」。

広島市内にも「くにまつ」や「キング軒」「武蔵房」など人気店はたくさんありますが、「きさく」の汁なし坦々麺はとにかく「容赦がない」!!

通常汁なし坦々麺には「1辛」「2辛」といった具合に、辛さが選べて「1辛」がスタンダードな辛さとなっているのですが、「きさく」の「1辛」は他店の「2辛」「3辛」といったレベルで、特に山椒の痺れがガツンときます。

私も初めての際は、一口食べた瞬間に2,3発殴られたかのような衝撃が口の中に広がりました。

それでも、ただ辛くて痺れるだけではなく、ひき肉やネギ、麺、タレの旨味と相まってやみつきになるでしょう。

辛さが不安な人は「温玉」をトッピングしよう

「汁なし坦々麺」食べてみたいけど辛いのは少し苦手…という人もいるでしょう。

そのような方はトッピングに「温玉」を忘れずに頼んでください。

温玉で辛さが幾分かマイルドになるので、思った以上に辛かった場合でも保険になりま
す。

それでも「きさく」はかなり辛い方なので、まず最初に「くにまつ」などで肩慣らししてから行くといいと思います。

汁なし坦々麺「きさく」の概要

住所 広島県広島市中区舟入川口町5-13 佐々木ビル 1F
電話 082-231-0317
アクセス 広島電鉄「舟入幸町駅」より徒歩1分
広島駅から「広電・江波行」に乗り約30分で到着
営業時間 [月~土] 11:00~14:00 18:00~20:00
[日] 11:00~15:00 [祝] 11:00~14:00
日曜営業
定休日 水曜日・月に1日不定
駐車場 5台
食べログURL https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340120/34000159/