贈ってよし贈られてよし!アンリシャル・パンティエの焼き菓子「クレーム・ビスキュイ」


1969年にデザートが食べられる小さな喫茶店として阪神芦屋駅前に「アンリ・シャルパンティエ」が誕生しました。

大阪万博が開催される前年のことです。

アンリシャルパンティエのお菓子の詰め合わせは、贈ってよし贈られてよし。
小ネタ隊もよくおつかいものに利用しています。
今日はそんな焼き菓子の中でもこちらを紹介したいと思います。

 

口の中でとろける美味しさ「クレーム・ビスキュイ」

さっくり焼き上げたラング・ド・シャにラムレーズン入りのバタークリームがサンドされています。
ラングドシャ?
フランス語で猫の舌を意味するらしいです。
つまり猫のしたのカタチをしたクッキー。そうじゃないカタチでもラングドシャって呼ばれ売っているものもありますね。
小ネタ隊はこだわりません。
美味しければどんなカタチでもOKです。

口の中でとろけます。

 

食べ過ぎ注意!1枚で97キロカロリーもあります


二枚目に手を出しそうになりますが、ちょっと待って!!
クレーム・ビスキュイ(プレーン)97 Kcal
クレーム・ビスキュイ(チョコレート) 93 Kcal

一枚でこのカロリですから、食べ過ぎには注意してくださいね。

 

お味もデリケートだが、お菓子自体もデリケートです


サクっとした食感だけあって、非常にデリケート。

早速、やってしまいました。

ご安心下さい。
味には全く問題ありません。
割れたものは誰にもお出しすることができませんので、先程こっそり割っておきました。
よい子の皆様は決して真似をしませんように。

アンリシャル・パンティエのお菓子は、通販でも購入できます。
アンリ・シャルパンティエ公式オンラインショップ