ハーレーダビッドソン2019年モデルのBOOM! BOX GTSを体感

小ネタ隊が10年来、お世話になっているバイク屋さん「ハーレーダビッドソン大阪」に、2019年モデルが入荷しました。今年の目玉はなんといっても最強のソフテイルと言われる「FXDR 114」ですが、10月6日現在ではまだ未入荷です。

しかし、もう一つの目玉であるiPhone対応の「BOOM! BOX GTS」はバッチリ体感できます。


スポンサードリンク

BOOM! BOX GTSってなに?

もともとツーリングファミリーとトライクには、カーナビのようなオーディオシステムがついていたのですが、あくまでもカーナビのような形状をしているだけで、日本ではほとんど飾り。な〜んの役に立っていませんでした。
無駄に存在感ばかりがある、ただのオーディオシステムだったわけです。

そのため、オヤジたちはカーナビを別に購入したり、ホルダーにiPhoneをつけたりしていたのであります。
つまり、目の前に画面が2つも3つもあるデュアルディスプレイ状態でアホみたいに雨の日も風の日もツーリングをしていたのです。
「これがカーナビだったらどんなにカッコいいのだろう」とは、誰もが切実に思う願望でした。

 

ついに2019年モデルからはiPhone対応に!

それがそれが、ついに2019年モデルからはiPhone対応になったのです。
ケーブルで接続してやれば、なんとGoogleマップが表示できるようになったのです!

しかもグローブをはめたままでもタッチパネルで操作ができちゃう。

これははっきり言って画期的です。

で、さっそく体感させてもらうことにしました。

まだ入荷ホヤホヤのBOOM!BOX GTSを体感

「ぜひ見ていってください!」と意気込む城井スタッフですが、どうもぎこちない。

いっこうに現れない地図ちゃん。ここにナビがあるのとないのとでは大違い


「いや〜、僕も触るの初めてなんすよ、ははは」
まだ入荷したばかりなのでハーレーダビッドソン大阪のスタッフも扱うのは初めてだとか。

入荷したばかりのナビシステムと格闘する城井スタッフ(右)と小原スタッフ。

「おれ、忙しいねんからもう帰るで〜」と心の中でつぶやきながら、アイスコーヒーを2杯いただき、待つこと数十分。

トライクの画面に映し出された映像は、まさにカーナビそのものではないですか。


今までただの画面だったことが不思議なくらい、視認性も高く、これはかなり便利そうです。

抜群に稀少性の高いトライク2019年モデル。
今なら「ハーレーダビッドソン大阪」で展示中です。

ハーレーダビッドソン大阪
大阪府大阪市福島区福島4-6-2
TEL.06-6451-4433
営業時間/10時〜19時
定休日/水曜日
http://www.harleydavidson-osaka.com/