神戸・三宮「ケーニヒスクローネ」のステッィクパイ

「ケーニヒスクローネ」は1977年(昭和52年)に神戸で誕生しました。

ケーニヒス クローネとは、ドイツ語で「勝利の王冠」という意味だそうです。
メインキャラクターのクマさん(名前はポチ)も頭に王冠を乗せている?
ポチをこんなにマジマジと見たのは初めてです。
ほんとポチの頭には王冠ありました。

 

ホテルケーニヒスクローネ神戸のくまポチ邸

ホテルケーニヒスクローネ神戸の1階のホテル直営店「くまポチ邸」には、神戸地区限定や季節商品をはじめ、人気のお菓子とグッズが並んでいます。ここでしか買えないポチのホテルグッズも用意されています。また、ギフト包装や地方発送にも快く対応してくれます。

たった2本の焼菓子をレジに持って行ったのにもかかわらず、店員さんは親切丁寧です。

 

ケーニヒスクローネ開封の儀

まずは中袋


その後に手持ち袋

おまけに試食品まで入れてくれました。
たった300円しか払っていないのですが、コレって赤字じゃないの?

若干過剰包装?と思いましたが、購入した焼菓子はサクサクのパイ。
繊細なお菓子ですからね、きっとそこまで計算されているのだと思います。
おかげで満員電車に乗っても粉々になる心配はなく安心できました。

上がアーモンド風味のスティックパイ「ケルペス」で、下のゴールドがチーズ風味のスティックパイ「グラッテン」。いずれも1本150円(税別)です。

どちらもサクサク。バターも砂糖もたっぷり。
香りよし味よし。 グラッテン1個が106kcal、かなりの高カロリーですけど・・・
うまい!

その昔、ケーニヒスクローネのケーキ「はちみつアルテナ」を婚約者の家に手土産に持って行き、オシャレで素敵な人に格上げされたのは本小ネタ隊の隊長です。

隊長
でへへ……

機会があれば、はちみつアルテナもご紹介したいと思います。

 

関連ランキング:ケーキ | 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)神戸三宮駅(阪急)