いろどり薬局武庫之荘店の色白くまモン


2017年10月に開院した「いろどり薬局武庫之荘店」は、パッと見、調剤薬局には見えません。外観はどう見ても、カフェかレストランといったイメージです。
それもそのはず、もともと手作りパンの店構えをそのまま利用して開院したのですから。

ウッディーな引き戸を恐る恐る開けると、そこには店名の雰囲気ピッタリの、カラフルで明るい調剤薬局の世界が広がっていました。
今回は、尼崎・武庫之荘の調剤薬局「いろどり薬局武庫之荘店」を紹介します。

店主は小ネタ隊のお師匠さん

なぜに小ネタ隊が調剤薬局の取材をするのか?
そこには深〜い理由がありました。
実は、ここの店主・古谷健さん(31)と小ネタ隊は10年来の知り合いなのです。

古谷さんは小ネタ隊のことを「友だち」と人に紹介しますが、小ネタ隊にとって古谷さんは「師匠」。何を隠そう水泳の“お師匠さん”だったのであります。

あるとき、スポーツジムのプールでちんたら泳いでいると、色白のくまモンみたいな若者が小ネタ隊のコースに入ってきました。1レーン貸し切りでせっかく気持ち良く泳いでいたのに、「鬱陶しいな…」と、睨みつけると、その若者はペコッと頭を下げて、ダダッとあっちまで行ってススっとこっちに帰ってきました。

つまりサクッと50mを泳いだわけです。

25mを泳ぐのがやっとの小ネタ隊。

隊長
師匠!よろしくお願いしますっ!

その日から小ネタ隊は古谷青年を「師匠!」と仰ぐようになったのでした。

プールつながりでゴールイン

聞けば古谷青年は、薬科大学に在学中の大学生とのこと。
数多くの大学、数多くの薬剤師を取材してきた小ネタ隊としては、就職に際して総合病院を強く勧めますが、弟子の言うことなど右から左で、彼が選んだのは調剤薬局への道でした。
大学卒業後、某大手調剤薬局チェーン店に勤めます。

男子はマゴ以外、あまり興味の対象にならない小ネタ隊なのに、なぜに古谷青年とは10年も付き合っているのかというと、そこには美人の奥さんの存在があったのであります。

小ネタ隊は、古谷さんの奥さんとも10年来の知人で、プールつながり。
そうなんです。ここだけの話ですが、古谷さんと奥さんはプールつながりでゴールインしちゃたのであります。

出産祝いは、小ネタ隊コミコミパック

奥さんの職業はピアニスト。編集プロダクションが本業の小ネタ隊は、毎年、コンサートや音楽会、発表会のチラシ・プログラムを作らせていただいております。つまり奥さんは小ネタ隊のクライアントなのであります。

誰もが楽しめる音楽を!コンセール・ド・ミル演奏会4月19日、兵庫県立芸術文化ホールで開催

2015年4月9日

上の記事は2015年4月のものですが、古谷さんの奥さんを取材しています。

この春、古谷家に次男が誕生しました。お祝いをしようにも、ぼんび〜な小ネタ隊には現金がありません。

隊長
そうだ!ホームページをプレゼントしよう

一昨年、某大手調剤薬局から転職した「いろどり薬局」には、ホームページがないそうな。
小ネタ隊もホームページ制作代行サービス「コミコミパック」を始めたばかりですから、練習がてらにホームページをプレゼントした次第。

小ネタ隊流ホームページ作成完全代行サービス「コミコミパック80」新発売!

2019年4月3日

古谷さんの人柄を反映したアットホームな薬局

というわけで、遠路はるばる(といってもクルマで20分くらいなのですが)行ってきました「いろどり薬局武庫之荘」。場所は伊丹と尼崎を結ぶ道意線沿いにあります。

久々に会う古谷さんは、10年前と変わらない少年のような笑顔で出迎えてくれました。
差し出された名刺には、「管理薬剤師」の肩書き。

隊長
え、え、エロなっとる

ついこの間まで学生だった青年が、いつのまにか1店舗を任せるまでに成長していました。
「いろどり薬局武庫之荘店」のスタッフは、現在、古谷さんを含めて3人。男子は古谷さんだけで、あとの二人はとても可愛い女性です。

古谷さんよりも、クライアントである奥さん贔屓の小ネタ隊は、このハーレムのような環境にきつく釘を刺しておきます。
だいたい、この男は、イケメンやないのになぜか昔からモテます。しかも若い女性からだけでなく、老若男女問わずモテます。

案の定、「いろどり薬局武庫之荘店」には、単に薬の受け渡しだけに終わらない人間関係が築かれていました。

小ネタ隊の知る調剤薬局は、処方せんを渡して、クスリをもらい、お金を払って、ハイ終わりというものです。その間にクスリの説明がありますが、毎回毎回同じことの繰り返しなので、いらちな小ネタ隊はほとんど聞いていません。

ま、返ってくる答えは予想できましたが、一応、「どんな薬局にしたい?」と尋ねます。

古谷さん
美容院のような調剤薬局です
隊長
は〜〜〜?
古谷さん
毎回初対面ではなく、来院を重ねるたびに会話が積み重なっていく美容院のような調剤薬局にしたいんです

「野菜がたくさん獲れたから」と持ってきてくれたり、「これお昼に食べ」とお菓子の差し入れがあったり…ここには調剤薬局のスタッフとお客という枠を超えた人間関係が築かれていました。

この蘭は一度全部枯れてしまったのですが、患者さんから育て方を教えてもらって、ここまで復活しました

女性スタッフの人柄や温かみのある接客対応も、そのあたりの調剤薬局とはひと味もふた味も違います。

隊長
師匠!さすガッス!

くまモンワールドは着実に築かれているようです。
お近くにお住まいの方は、ぜひ利用してあげてください。

いろどり薬局武庫之荘店
兵庫県尼崎市富松町3-23-5
TEL.06-4961-1189

https://irodori-tcm.com
(↑小ネタ隊作のホームページ。さりげなく宣伝)