福井で300年以上続く御素麺屋の「かりんとう饅頭」

福井駅に到着した途端、箱に入った水ようかんを買いに行きたいという隊長。
では、Prismで買いましょう。
もう何度も福井駅に来ているので、どこに何が売っているのかすぐにわかります。

先に店内に入った隊長がウロウロ。
何か他のものを探されているのでしょうか?

隊長
水ようかん売ってないわ
隊員
そこですよ!前回買ったから覚えています

そのやり取りを聞いていたお店の方々が声をかけて下さいました。

「福井の水ようかんは冬のものですよ」

あ!そうでした。
福井名物の箱入りの水ようかんはこたつに入って食べるものでした。

隊長はそのまま立ち去ろうとしましたがそんなに親切に教えて下さったのに素通りできません。

目に飛び込んできた御素麺屋「かりんとう饅頭」をバラ売りで購入してみました。
一個108円(税込み)
店員さんが本日中にお召し上がりくださいと言葉を添えて手渡してくれました。

早速一個実食。
外はカリッ。中にはあっさりしたこし餡が入ってます。
若干こし餡少なめです。

大阪に帰りすぐに撮影のはずが、日付またいでの撮影となっていましました。

美味しいそうですね。
小ネタ隊は買ってすぐに食べたので美味しいことは既に百も承知しています。

中はこんな感じです。

わかりますか?
油が滲み出てきています。
こうなると、買ってすぐに食べたような外がカリッとした感じが若干失われます。
揚げドーナツぽくなってしまいました。
それでもそれはそれで美味しいのです。

初めての方は本来の御素麺屋のかりんとう饅頭を味わうために購入したらすぐに召し上がって下さいね。

御素麺屋のかりんとう饅頭公式サイト