伊勢うどんは本当に不味いのか、検証してみた。

コシのある讃岐うどん派の大阪人の私は、あの伊勢うどんという食いもんがどうも納得いきません。かつて2度ほど、ドライブインで食べましたが、いずれもフニャフニャで、どっから見ても伸び切っているとしか言いようがありません。
果たして、本当の伊勢うどんもこんなに不味いのか!
という疑問を果たすべく、伊勢に行って参りました。

ターゲットに選んだのは、地元で「好きな伊勢うどんのお店は?」と尋ねると、間違いなくベスト3に入ると言われるお店です。

門構えは、ほんまにフツーの食堂です。
おそるおそる引き戸を開けると、4人かけのテーブルが4つ。皆さん、新聞読んだり、テレビを見たりしながら、カレーうどんや丼物を食べてはります。
わざわざ大阪から高速使ってくるだけの価値があるのでしょうか。注文を取りに来たおばちゃんもごっつフツーすぎて、思わず「カレー!」って叫びたくなりました。
P1130332
しかし!
けっこう待って出て来た地元民が愛する伊勢うどん。ひと口すするなり、旨い!
先にドライブインで食べた物とは全く別物です。確かに柔らかいけど、フニャフニャではありません。大阪人が描くうどんとはまた違った食べ物です。アツアツの湯がきたてだから、出汁にからむからむ。クセになりそうな味です。

「大阪から来た」というと、おばちゃんはむちゃ喜んでくれて、「おばちゃん、がんばるわ!」とガッツポーズ。むちゃ素朴ないいお店でした。
P1130340
値段は、伊勢うどん450円、月見山かけ600円と良心的。しかも通常の1.5倍とボリュームも満点。
おかげで、何も食べられず指をくわえながら、おかげ横丁を散策することになりました、はい。
P1130335

●起矢食堂
三重県伊勢市尾上町5-31
TEL.0596-23-5740

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。