エクチュア|大阪にチョコレート文化を根付かせたパイオニア

チョコレートといえば、誰がなんと言おうがゴディバが一番旨い!
というのは一昔前の話。日本のチョコだって負けてはいません。兵庫・三田のエス小山なんて、旨すぎて3ヵ月前に食った味が未だに忘れられないくらいです。

で、ふと思い出しました、一人の男のことを。チョコレート商戦最大の勝負どころを控え、 たった一人で連日泊まり込み、一粒一粒に丹精を込めて作っていたその姿を。

彼が大阪心斎橋の一等地にチョコレート専門店をオープンさせたのは昭和61年暮れのことです。取材と称して店に遊びに行くと、よくホットチョコレートをごちそうしてくれました。ゴチになっといて言うのもなんですが、当時は一粒200円や300円もする日本製のチョコが売れるのか?と疑問に思っておりました、ハイ。

しかし、彼のチョコレートにかける執念はすごかったです。
平成15年、空堀商店街の一角にあった蔵屋敷に移転すると、あれよあれよという間に話題の店に。「大阪にチョコレート文化を根付かせたい」という思いが、移転をきっかけに一気に開花したのでしょう。

エクチュアのチョコが急に食べたくなりました。30年前と違う味なのでしょうか。

地下鉄に乗って、エクチュア からほり『蔵』本店に向かいます。iPhoneでググると、地下鉄松屋町駅③番出口右すぐ、とあります。

P1100664
あら、ほんまにすぐにありました。
実は僕、初めてなんです。この店に来るのも、この駅に降りるのも、ハハハ。
P1100665
あいにく、オーナー・植松氏は不在でしたが、アポなしにも関わらず女性スタッフが快く迎えてくれました。
P1100672
古民家をリノベーションした日本家屋が、チョコレートを引き立て、いい雰囲気です。
P1100674

P1100689
肝心のチョコレートですが、さすがです。旨いです。エス小山以上です。
30年前と比べて………

残念ながら、30年前の味、覚えていません。

それにしても、スタッフが皆かわいい!
あの、おっさん、エエ趣味しとるわい…ではなく、しっかり従業員教育してはります。
今度は、2階のカフェでゆっくりとホットチョコでもいただきますか。

●エクチュア からほり『蔵』本店
大阪市中央区谷町6-17-43 練(れん)
TEL.06-4304-8077
営業時間:11時〜22時(日・祝〜21時30分)
定休日:水曜日(2/1〜2/14は無休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。