更年期障害の代表的症状「ホットフラッシュ」ってなに?

ホットフラッシュが起こる原因

ホットフラッシュというのは更年期障害の代表的な症状で、突然顔やカラダが熱くなり、汗が大量に流れ出る症状、いわゆるのぼせや発汗のことを言います。

では、なぜホットフラッシュが起こるのでしょうか。

それは、女性ホルモンが減少してホルモンバランスが崩れ、自律神経もバランスを崩してしまうからです。

ホットフラッシュは更年期の年代の女性の多くが経験する症状で、更年期の初期に始まって何年か続き、長い人では5年以上にわたって続きます。

症状の出方は突然顔から大量の汗が流れ出る、精神的に動揺した時に出る、いつも決まった時間に出る、暑い時に出るというように人それぞれです。

ホットフラッシュの症状
  • 突然、顔から大量の汗が出る
  • 精神的に動揺した時に汗が出る
  • いつも決まった時間に汗が出る
  • 暑い時に汗が出る

汗が出る場所も顔だけ大量に汗が出るとか、上半身だけ汗が流れる、全身に汗が流れるという人が多いです。
急にたくさん汗をかくと焦ってしまい、汗を抑えようと努力しますが焦るほど汗はどんどん出てくるのです。

中には、ホットフラッシュが出たら困るからと外出を控えてしまう人もいますが、対処法をしっかり覚えておけば外出先で苦労することはありません。

 

ホットフラッシュの対処方法は

急に大量の汗が出てきて、しばらくこの症状が続くとなると外出も面倒になりますし、仕事をしている女性だと仕事中に症状が出て欲しくないものです。

少しでも症状を軽減させる方法はないのでしょうか。

首周りを冷やす

すぐに汗を止めたい時は、冷やすことをお勧めします。

冷却スプレーや保冷剤、濡れタオルなどで首周りや顔を冷やすと効果があります。
女性の場合、メイクをしていることが多いでしょうから、首周りを冷たくする方が良いかもしれません。

 

腹式呼吸で気分を落ち着かせる

また、ホットフラッシュは自律神経の乱れで起こっているので、腹式呼吸をゆっくりして気分を落ち着けるとある程度治まります。
不安な気持ちが落ち着いてくると治まるのです。

 

薬物療法で改善を目指す

どうしても症状が辛くて日常生活にも支障がある場合は、更年期外来などを受診して薬を処方してもらいましょう。

症状によっては鎮静剤や精神安定剤が出されます。

ホルモン補充療法などもありますので、検討してください。

また、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などの漢方薬もおすすめです。
穏やかに体質改善をして不快な症状を改善していきます。
かかりつけ医や薬局で処方してもらえますので、相談してみると良いでしょう。

 

ウォーキングなど、軽い運動をする

この他に、軽い運動もおすすめです。
ウォーキングくらいの軽い運動で良いので、体を動かして汗をかいてみましょう。
運動は、自律神経のバランスを整えてくれます。
即効性はありませんが、続けて行くうちにだんだんとホットフラッシュや他の更年期症状が和らいできます。

エストロゲンの減少を穏やかに!「高麗人参サプリ」で更年期障害を克服しよう

2018.01.04

白井田七|無農薬有機栽培にこだわり続けて12年。ようやく完成した田七人参サプリ

2018.01.04