【読者体験談】「きらりのつくりかた」目指せ!お尻プルルンボディ

若い子には教えたくないピーリングジェル

スポーツジムのスパで湯船に浸かっていると、バストやお尻が目に飛び込んできます。
最近の若い子はタオルで前を隠すことなく堂々と入ってくるので、見たくなくても見えてしまいます。
こちらが恥ずかしくなるくらいです。

若い子の肌はピチピチでハリがあって、バストもヒップも本当にきれいです。
おまけに手足が非常に長い。私たち中高年女子とは比べ物にならないほど腰の位置が高くて、本当に羨ましい限りです。

しかし、そんな若い彼女たちにもあるんですよね、黒ずみが、膝や肘に。
中にはお尻が黒ずんでいる子もいます。

顔はピカピカなのに、残念な部分黒ずみ。若い人にもある人にはあるんですね。
中高年女子の私…心のなかで「あれを使えばいいのに」
でも、若い子にはちょっと教えたくないかも。
顔はツルツル、お肌はピチピチ、おまけに黒ずみまできれいに消えたら…
もう太刀打ちできないじゃないの。

あ?最初から同じ舞台には立てていませんでしたね。失礼いたしました(笑)

美容オタクおすすめの「きらりのつくりかた」

私にあれを教えてくれたのはジム友の久美ちゃん。
彼女はかなりの美容オタクです。あれこれ試すのが大好きなアラフォー女子です。

「洗顔のあとに軽く水気を拭いて、これをくるくる肌にのばしてね。力は入れちゃだめ。古い角質がポロポロ取れるからね。あとは水で流して、スパから上がったらいつものようにしっかり保湿するだけ。お姉さん、これ使ってください」と手渡されました。

美容オタクの久美ちゃんが良いって言うんだから使ってみよう。

早速プレゼントされた「きらりのつくりかた」で顔はもちろん、気になっていた部分くすみに使っています。
下着の摩擦なのか、デスクワークで圧力がかかり過ぎたのか、わたしのお尻は恥ずかしながらくすんでザラザラでした。
場所が場所だけにジムのスパでは恥ずかしいので、自宅のお風呂場でゆっくりと試しています。
顔と同じように洗ったあとに軽く水分を拭いてお尻をクルクル。角質がポロポロ出たらシャワーで流す。お風呂から出たらあとはいつも使っているボデークリームを塗ります。続けるうちにザラザラがとれて黒ずみが薄くなったきています。

お尻黒ずみの原因は?

そもそもお尻黒ずみってどうしてできるのでしょう。
サイズの合わない下着の締め付けや摩擦などもあるようですが、私の場合は座りすぎが一番の原因でしょうね。
お尻に圧力がかかりすぎることで角質が厚くなり、角質が厚くなると皮膚の新陳代謝が正常に機能しなくなって、黒ずみができるんだそう。

古い角質層をとってやって、その下にある新しい角質が表面に現れてくれば、プルルンお尻の出来上がり!

もう、おさるのお尻とは言わせません。

これはいいわ。
中高年女子の私が美尻になる日も近いかもしれませんね。

ちなみに、うちの主人も使用中。
お風呂場に置いてあった「きらりのつくりかた」を見つけて、かかとに塗っています。
「ボロボロと角質が取れるのが楽しい」らしい。
もっと安いもので十分だとは思うけど、どうせ主人の稼いだお金なんだから、「ヨシ」としましょう。



エストロゲンの減少を穏やかに!「高麗人参サプリ」で更年期障害を克服しよう

2018.01.04

白井田七|無農薬有機栽培にこだわり続けて12年。ようやく完成した田七人参サプリ

2018.01.04