GGの子育て奮闘記|小ネタ隊おすすめの抱っこ紐「ベビービョルン・ベビーキャリア」

今年の7月から、若輩者ながらGGデビューし、約5ヶ月が過ぎました。ハムスターやウサギの世話は十数年続けており、手慣れたものですが、赤ん坊の世話となると、かれこれ四半世紀近く遠ざかっています。
最初は、抱っこの仕方もぎこちなかったのですが、ようやくコツをつかみ出し、今ではおつむ替え、お風呂、着替えなど、授乳以外はなんでもOKになりました。

そこで、これからお父さんデビュー、お爺さんデビューする方のために、小ネタ隊が重宝した便利グッズをご紹介しましょう。

今回、紹介したいのは、こちら↓

いわゆる抱っこひもです。
赤ん坊はたいがい重いです。同居をはじめたときには5kg程度でしたが、ほんとに日に日に大きくなってきます。寝ぐずりするので、散歩に出かけますが、これがまた重いのなんの。「早く寝てくれよ」というこちらのイライラが伝わるのでしょうか。なかなか寝てくれません。5kgのおもりをしょって30分のウォーキングは、老体にずっしり堪えます。

そこで、例によってAmazonで探し出したのが、
ベビービョルンのベビーキャリアでした。自分専用ですから、ゴチャゴチャしたものはいりません。シンプルで使いやすく、安いのがいいです。ベビザらスなんかに行くと、機能性を追究したのでしょうか、ポケットやネットなんかがゴチャゴチャついて、お値段2万円以上のものがゴロゴロありますが、こちらは赤ん坊が寝てくれればいいのです。

あまり熟考せず、ポチ!

別にAmazonさんの回しものではありませんが、夜中にポチっても翌日には届くのが、Amazonのすごいところ。ベビザらスに買いに行くよりも早い。しかし、家のものには不評でした。何せ独断で買っちゃったのですから。「自分のこづかいで買ったのに」文句たらたら。

しかし、これをつけたら、あ〜ら、不思議。赤ん坊が一瞬で泣きやみ、玄関を出た途端に気持ちよさそ〜。眠たいときには、すぐに寝付けるみたい。さすがに家のものも「なっとく!」です。寝ぐずったときには、GGにお願いすればいいのですから。

当編集部では、これを「ゴーストバスター」と読んでいますが、若いお嫁さんは「???」ってな感じです。そりゃ、知らんがな。

お値段、6,500円程度、送料無料。これは買いです!