誰もが楽しめる音楽を!コンセール・ド・ミル演奏会4月19日、兵庫県立芸術文化ホールで開催

コンセール・ド・ミルとは、兵庫教育大学大学院2007年修了同窓生たちで立ち上げた音楽サークルです。
キャリアもさまざまなら職業もさまざま。音楽一筋に歩んできた人もいれば、保育士さん、養護学校の先生、イベントプロデューサーなど、多彩な職種の人たちが「音楽」をキーワードにつながっているのが特長です。
「回りは皆、ライバル」といった音楽大学のような雰囲気はなく、観客も演奏者もみんなが楽しめる音楽を目指しています。

P1120286
小西貴代子さんは、コンセール・ド・ミルの中心的存在です。幼少の頃よりピアノに目覚め、迷うことなく音楽大学に進学。お年玉を貯めて購入したというグランドピアノは、「命よりも大切」と言い切ります。現在、新婚1ヵ月の新妻さんですが、「グランドピアノと同居!」が結婚の条件だったそうです。

P1120299
対照的なのは、声楽を担当する髙田祥吾さん。小西さんら、音楽畑出身者がショパンを奏でる横で、ひたすらバイエルを練習していたか。大学も経済学部出身。イベントを企画・運営するうちに、本格的に声楽を習いたくなり、兵庫教育大学大学院に進学。現在、音楽教室などで、ギター、発声の講師を担当するほか、POPユニットのメンバーとしても活躍中です。

P1120307
髙田さんの声楽の先生、故・保坂博光氏は、メンバーの一人である保坂正児さんの実父にあたります。声楽家を父にもつだけあって正児さんは、音楽大学声楽専攻出身の本格派です。「難しい曲ですが、みなさんに楽しんでいただけるように丁寧に歌いたい」と、今回のコンサートへの意気込みを、低音響く、い〜い声で語ります。

P1120316
リーダー的役割を担う山下大樹さんの本職は特別支援学校の先生。芸術大学ピアノ専攻科を卒業後、支援学校に進む、社会人入試の特別枠で兵庫教育大学大学院の門戸をたたきまました。ソロリサイタルをはじめ、数多くの演奏会に出演する強者です。

P1120295
今回のコンサートのトリを務めるのは、大阪成蹊大学で教鞭をとる加戸敬子さん。ソロ、アンサンブル演奏会に多数出演するほか、音楽療法家として院内コンサートや講演活動を行うなど、「音楽」をキーワードに多彩な分野で活躍する才女です。山下さんとのピアノ連弾は圧巻です。

コンセール・ド・ミルが贈る「第3回 名曲の花束」は、2015年4月19日(日)午後1時30分より、兵庫県立芸術文化ホール小ホールで開催。前売券1,000円、当日券1,500円。
お問い合わせは
concertdemille2007@yahoo.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。