保険のプロに聞く「ネット保険ってどうよ?」

保険屋さんというのは、用のないときははっきり言って鬱陶しい。結婚した、子どもができた、家を買った…事あるごとに、いろいろな商品を勧めてくる。しかし、入っておかないと後々困るのも保険だ。
そこでインターネット保険に注目したい。人に遭うという煩わしさはなく、パソコンから好きなときに申し込みや見積もりができる。海外旅行保険などでは、オンライン上で申し込むと割引が適用されるものもありメリットは大きい。

あらゆる種類の保険を比較できる便利サイト

月間4.465万人が利用する国内最大の比較サイト「価格.com」が提供する「価格.com保険」は、生命保険・医療保険から自動車保険、火災保険まであらゆる種類の保険を比較・見積もりできる総合保険比較サイトだ。人気の保険ランキングから保険選びの基礎知識を分かりやすく解説。気になる保険を一括資料請求できる。
●参考
総合保険比較サイト【価格.com 保険】

餅は餅屋。保険は保険屋に任せろ!

反面、インターネット保険は自分で申し込む必要があるため、保険に関するある程度の知識、最低でも保険のことを調べる努力が必要になってくる。
インターネットと対面、いったいどちらがいいのであろう。

Aさんは、損害保険・生命保険合わせて20社以上を扱う保険代理店の営業マン。いわゆる保険のプロである。

インターネットと対面では、どちらの方がいいと思われますか。

対面です。なぜなら、インターネットでは申し込みされる方に保険の知識が必要です。生命保険の場合、同じ保険会社・同じ保障内容であれば、保険料はネットも対面も全く同額になります。それならば保険のプロに任せた方がいい」というのが私の考えです。
私の場合、契約までに5回以上のヒアリングを行い、その人のニーズに合った保険会社・保障内容を提案するようにしています。

具体的には?

たとえば、「タバコを吸わない」方なら、非喫煙割引がある保険をお勧めします。
また、自動車保険には夫婦限定というものがありますが、たとえばご主人がブルーで、奥さんがゴールドカードの場合、
契約者をご主人、記名保険人を奥さんにしてはどうかと提案します。
なぜなら、同じ保障内容で保険料が安くなるからです。

確かにネット保険は便利であるが、一人ひとりのライフスタイルに合わせた細かなフォローはできにくい。
ネット保険は勉強熱心な方向けの保険といえる。