業界のタブーに挑戦し続ける異端児「ジー・パートナーズ」景山伸作氏

「業界のタブーに挑戦」をスローガンに、起業したのが42歳のとき。以降、学費に関するビジネスを次々に立ち上げ、業界の異端児として注目を集める。

大学時代はバンド活動にのめり込む。本気でプロミュージシャンを目指していた。結果、大学にはほとんど行かず、留年。もちろん、卒業後も音楽活動は続く。会社勤めなんて頭の片隅にもなかった。

ある日、母親に泣きつかれた。「伸作!そげいなことしてては、まともな人間にならんとばい!就職しなさい!」。あくまでも想像であるが、武田鉄也のかあちゃんばりに言われたのであろう、たぶん大阪弁だとは思うが…。

「音楽活動を続けながら、働ける会社を」と、探し出したのが進学情報誌を発行する会社だった。既存の媒体に広告掲載をお願いするのがメインの仕事である。

営業スタイルは変わっていた。クライアントのところに行っても、ほとんど商談らしい商談はしない。自作のCDを渡して、雑談ばかり。帰り間際に、営業の企画書を渡して、「また、見といてください」と。

これで、群を抜いて成績がいいのだから、汗水たらして営業トークを繰り出す人たちがかわいそうに思えてくる。

そんな人間だから、既存のものでは満足できない。自分でゼロから立ち上げたくて、2008年9月に独立。株式会社ジー・パートナーズを設立する。

景山伸作さん、42歳の決断であった。

それでは、当人にご登場いただきましょう。

ー儲かってまっか?

P1110676なんですの、急に(笑)。ま、むちゃむちゃ儲かっているとはよう言いませんけど、起業以来、ほとんど黒字です。

 

 

 

 

ーそれにしても、ニッチなことばかりしてきましたよね。前例のないことばかりするんで、つき合う方も大変や言われません?

P1110676クライアントさんからは、「変わったことする会社やな~」ってよう言われます。

 

 

 

 

―「学費プランニングBOOK」の発行に、WEBサイト「学費.jp」の立ち上げ、今や学費ちゃあ、ジー・パートナーズちゅうくらい有名ですやん。

P1110676そりゃ、言い過ぎですわ(笑)。だけど、学費に特化したビジネスは間違いではありませんでした。特待生・奨学金情報紙はそこから派生しましたからね。また、今どんどん依頼が来ている保護者向けの講演会は、「学費プランニングBOOK」があればこそやと思います。信用度がまるで違います。

 

 

ーそれ、作ったの僕ですよ。景山氏の頭の中にあるものをカタチにするのって大概、骨折れますわ。

P1110676ははは、ありがとうございます。

 

 

 


ーところで、今年もそろそろ「オープンキャンパス バスツアー」が始まりますね。チャーターバスで地方の高校生を、関西の学校に連れてくるなんて、すごいこと考えましたね。

P1110676

最初はかなり苦労しましたが、3年目を迎え、それなりにノウハウが蓄積されてきました。おかげさまで評判はかなりいいです。期待してもらっていいですよ!

 

 

 

ー新しいバイクを買いたいのですが、契約してもいい?

P1110676ダメ!

 

 

 

 

●株式会社ジー・パートナーズ

〒540-0011大阪市中央区農人橋1-4-31  HKC谷町ビル4F
TEL:06-6809-6275  FAX:06-6809-6285
※春のオープンキャンパス バスツアーに関する詳細は姉妹サイト「厳選!ホンキの学校選び」を参照してください。
[厳選!ホンキの学校選び]http://school.hu-maga.com
[春のオープンキャンパスバスツアー関連記事]

Print