松岡修造、15周年を迎えるUSJの“Re-born(リ・ボーン)”大使に就任。で、リ・ボーンって何よ?

2016年3月18日(金)に開業15周年を迎えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、本日2月2日(火)午後12時10分より、「15周年開幕事前イベント」が開催されました。

イベントには、“Re-born(リ・ボーン)”大使に就任した松岡修造さんが登場、招待ゲスト2,500名に“Re-born!(リ・ボーン)”の意義を修造流に熱く説教。

「僕たちにはリ・ボーンが必要だ。そして今の日本にもリ・ボーンが必要だ!リ・ボーンは、自分にはない力を蘇らせてくれる。これからは“まいにち、修造!”ではなくて、“リ・ボーン修造”だ!」
「リ・ボーンするにはきっかけが必要だ。しかし僕たちはそのきっかけを知らない。でもそのきっかけはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにある!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンには人を変える力があり、日本を元気にするのに必要だ!」
「人は普通じゃ変わらないんだ。本当にやり過ぎれば、心から湧き出たものが表れてくるんだ!みんな松岡になる必要はない。失敗してもいいんだ、ルールなんてない!心で感じたものをさらけ出せばいいんだ!」と熱く本気で20分以上にわたって説教。

sub1

さらに、「さあ、やり過ぎよう、生き返ろう、“Re-born!(リ・ボーン)”」を連呼。 2,500名のゲストは松岡氏の熱弁にどんどん呼応、ゲストの輪の中から起こるアクロバットパフォーマンス、容赦なくゲストに降りかかる大量の泡、さらに色とりどりの紙吹雪が舞いあがる「やり過ぎ」演出が次々と起こり、松岡氏と一緒にパークのキャラクターもゲストも皆大熱狂、会場は冬の寒さを吹き飛ばすほどの熱気に包まれました。